引越し料金を安くするための効率的な方法

引越しの時間帯で料金は変わるの?

引越しは季節や時間帯によって料金が変動します。当然のことながら引越しの多い年度末や年度初めは必然的に料金は割高になりますし、土日祝日といった休日においても費用は高くなります。

これらの時期は引越しへの需要が比較的多いことから引越し業者にとってはある意味「稼ぎ時」という位置づけであるため、料金は高くなっています。

また1日における時間帯でも深夜や早朝といった時間帯では価格は高くなる傾向にあります。これらの時間帯は時間外労働となることからどうしても人件費が高くついてしまうため、費用は上がってしまいます。

このことから5月から7月にかけてと11月から1月にかけての平日日中が比較的料金が安い時期となります。従って引越しはこうした時期にターゲットを絞って実施することが望ましいと言えます。

 

混載便で費用を節約しよう

引越しの費用を節約するもう一つの方法として有効なのが混載便を活用することです。

引越し業者にとっては同一地域の複数の引越し案件を同じ日にまとめて行うとかなりの経費が節約されます。このため混載便で引越しをする場合には費用を安く抑えることが可能となります。これは非常に重要で、混載便を利用する場合と利用しないで単独で行う場合とでは費用が格段に違ってきます。引越しの費用節約のためには是非とも利用したいアイテムです。

ただ混載便を利用する場合、引越できる時期がある程度決まっていることが難点です。複数の引越し案件をまとめて実施しますので、他の引越し案件の日にちにあわせる必要があります。従ってこの手法は引越しの時期を柔軟に対応できる場合に有効となります。

 

どの業者を選ぶかが一番大事?大手と中小で料金はどれくらい違うの?

引越し業者には大手の引越し業者から中小の引越し業者まで様々な引越し業者が展開しています。料金面では中小の引越し業者のほうが比較的価格が安い傾向となっています。また中小の引越し業者の多くは職人的なスタッフが行いますので、的確かつスピーディーに運搬ができる点も魅力です。

一方の大手の引越し業者は価格が高い分、サービス面では充実しています。養生や梱包、クレーム対応などのきめ細かいサービスは大手ならではと言えます。また大手の引越し業者の多くは様々なプランを提供しています。すべてを引越し業者で行うプランから、養生や梱包は自分でして運搬のみ引越し業者で行うプランなど顧客のニーズに応じたプランが豊富にあります。一部のみを引越し業者に依頼するプランであれば予算を抑えることもできます。

このように大手の引越し業者と中小の引越し業者とでは一長一短ありますので、価格やサービス面などを総合的に考慮して、最適な引越し業者を選ぶことが一番大事です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です