引越し後の手続きについてのまとめ

水道・電気・ガスの手続きはどうするの?

引っ越した後に生活をするためには、ライフラインを通す手続きが必要です。

水道の場合には、インターネット、電話、FAXにて引っ越しをする数日前までに利用開始の手続きをしておきましょう。

電気は新居についてからブレーカーを上げれば使えるようになります。その際、ブレーカーの付近に「電気使用開始申込書」「電気使用開始通知書」というはがきがあるので、いつから電気を使い始めたのかを記載してポストに投函します。はがきがないときには電力会社に問い合わせます。

ガスは都市ガスの場合にはインターネット、電話で開栓をしたい希望日時を伝えて、係員が来るのを待ちます。ガスについて使用上の注意や支払い方法などの説明を受けた後に、開栓の作業をして確認のサインか印鑑を押してガス機器の接続をすれば使えるようになります。

 

役所で必要な手続きは?

引越した後に役所でするべき手続きとしては、同一市内であれば転居手続きの提出、市外であれば転入届の提出をします。用紙は役所でもらうことが出来ますが、インターネット上でダウンロードしたものを印刷して記入することもできます。窓口にて提出することになりますが、時間がないというときには郵送でも受け付けています。

住民票の移動は法律で引っ越しをした日から14日以内にしなければいけないと定められているので、引越し後は荷物の整理などで忙しいかもしれませんが、なるべく早くに手続きを済ませておくべきものです。

他にもするべき手続きとしては、印鑑登録の手続きや国民健康保険、国民年金、母子手帳、子供(児童)手当など社会保障関係の手続きをしていくことです。

 

免許証やナンバープレートなどの車関連の手続きについて

身分証にもなる運転免許証には正しく住所を記載していなければいけませんから引越しをしてからすぐに最寄りの警察署、運転免許試験場、運転免許更新センターにて、運転免許証記載事項変更届を提出します。

法律では、すみやかに住所変更の手続をしないと、1万円以下の罰金か科料ということになっているのですが、具体的な日数は決められていません。しかし、住所変更をしないことを警察に指摘される可能性がゼロではないのですから、なるべく早く手続きをしておきましょう。

運転免許センターであれば、警察署と違って土日でも受け付けてくれるところがありますから、時間を見つけて足を運んでおきましょう。

同様に車庫証明も警察署で変更しなければいけません。こちらは保管場所の変更から15日以内に届け出る必要があります。

ナンバープレート及び車検証に関しては、普通自動車は運輸支局、軽自動車は軽自動車検査協会に車検証や車庫証明 手数料納付書などの必要書類を揃えて手続きをします。

引越し時期はいつがいい?安くなるタイミングとは?

繁忙期と通常期について

それぞれの会社には忙しい時期とそうでない時期が存在し、それは引っ越し業者についても同様です。

引っ越し業者における繁殖期は、とにかく引っ越しの依頼がひっきりなしに入っているため、その時期に新たな予約を入れることは困難となります。反対に通常期はスケジュールが安定して余裕があるため、費用の見積もりの交渉や日程の調整が行いやすくなります。

特に始めて引っ越しを依頼する人などは、この繁殖期と通常期を理解しないまま計画を立ててしまい、結果的にスムーズに引っ越しが出来なかったり、費用が割高になったりします。そのため、前もって余裕のあるスケジュールを組んだり、費用を出来るだけ抑えるためにも、引っ越し業者における繁殖期と通常期の概念は必ず確認しておきましょう。

 

繁忙期と通常期の料金差は?

引っ越し業者における繁殖期は、卒業や新年度のシーズンである3月~5月、転勤が増える9月~10月あたりとなります。

この時期は料金を高くしても需要があるため、どこの引っ越し業者も料金を割高に設定します。反対に通常期においては、利用客の取り合いになるため料金が下がりやすく、また日程の調整にも柔軟に対応してくれるようになることが多いです。

一人暮らしを例に料金の差を考えてみましょう。一般的な引っ越しにかかる料金は繁殖期で5万円程度、通常期で3万円程度となります。

このように、単純に考えても2万円の差があり、これに様々なオプションを付加したり、引っ越しを行う人数や運ぶ家具が多かったりする場合、さらに差が出るでしょう。この点においても、繁殖期と通常期をしっかり意識して引っ越しのスケジュールを立てることが重要だと分かります。

 

土日よりも平日が安くなる?平日だと格安料金になるかも!?

繁殖期と通常期のどちらにおいても、やはり土日や祝日は需要が多くなるため、その分料金も高くなる傾向にあります。そのため、多くの引っ越し業者は土日や祝日の料金を高く設定することが多く、しかも忙しいため、日程の調整もタイトな場合が多いです。

一方で平日は通常料金か、それよりも安く設定している引っ越し業者が多いです。大手の引っ越し業者などは、平日の中でも特に安くなる特別の日を設けているところもあり、それはそれぞれの引っ越し業者のカレンダーで確認することが可能です。

土日や祝日はただでさえ利用客が殺到する上、料金も割高になるため、あえて平日を休みにし、そこを狙って引っ越しを行う人も多いです。その場合は、前もって余裕のあるスケジュールを組んでおき、当日スムーズに引っ越しを行えるようにしておくことが大切です。

さらに引っ越しの費用を安く抑えるためには、それぞれの引っ越し業者のカレンダーなどを確認することで、特別料金などが設定されている日を選ぶと良いでしょう。

 

引越し料金を安くするための効率的な方法

引越しの時間帯で料金は変わるの?

引越しは季節や時間帯によって料金が変動します。当然のことながら引越しの多い年度末や年度初めは必然的に料金は割高になりますし、土日祝日といった休日においても費用は高くなります。

これらの時期は引越しへの需要が比較的多いことから引越し業者にとってはある意味「稼ぎ時」という位置づけであるため、料金は高くなっています。

また1日における時間帯でも深夜や早朝といった時間帯では価格は高くなる傾向にあります。これらの時間帯は時間外労働となることからどうしても人件費が高くついてしまうため、費用は上がってしまいます。

このことから5月から7月にかけてと11月から1月にかけての平日日中が比較的料金が安い時期となります。従って引越しはこうした時期にターゲットを絞って実施することが望ましいと言えます。

 

混載便で費用を節約しよう

引越しの費用を節約するもう一つの方法として有効なのが混載便を活用することです。

引越し業者にとっては同一地域の複数の引越し案件を同じ日にまとめて行うとかなりの経費が節約されます。このため混載便で引越しをする場合には費用を安く抑えることが可能となります。これは非常に重要で、混載便を利用する場合と利用しないで単独で行う場合とでは費用が格段に違ってきます。引越しの費用節約のためには是非とも利用したいアイテムです。

ただ混載便を利用する場合、引越できる時期がある程度決まっていることが難点です。複数の引越し案件をまとめて実施しますので、他の引越し案件の日にちにあわせる必要があります。従ってこの手法は引越しの時期を柔軟に対応できる場合に有効となります。

 

どの業者を選ぶかが一番大事?大手と中小で料金はどれくらい違うの?

引越し業者には大手の引越し業者から中小の引越し業者まで様々な引越し業者が展開しています。料金面では中小の引越し業者のほうが比較的価格が安い傾向となっています。また中小の引越し業者の多くは職人的なスタッフが行いますので、的確かつスピーディーに運搬ができる点も魅力です。

一方の大手の引越し業者は価格が高い分、サービス面では充実しています。養生や梱包、クレーム対応などのきめ細かいサービスは大手ならではと言えます。また大手の引越し業者の多くは様々なプランを提供しています。すべてを引越し業者で行うプランから、養生や梱包は自分でして運搬のみ引越し業者で行うプランなど顧客のニーズに応じたプランが豊富にあります。一部のみを引越し業者に依頼するプランであれば予算を抑えることもできます。

このように大手の引越し業者と中小の引越し業者とでは一長一短ありますので、価格やサービス面などを総合的に考慮して、最適な引越し業者を選ぶことが一番大事です。

 

引越しの費用はいくらかかる?

単身引越しの予算はどれくらい?

単身の引越しでも荷物の量や業者によって必要になる費用は変わってきますが、全国的な平均としては5万円ほどの予算を考えておくとよいでしょう。3月ごろの引っ越しシーズンなどは高くなる傾向にありますが、単身引越しの場合はそこまで大きな差はありません。

また宅配便業者が行っている引越しプランの中には、トラックを利用した引越しではなく、単身パックとして宅配と同じように荷物を運ぶといったサービスもあり、これを利用するとさらに引っ越し料金を安くすることが可能です。

また宅配便業者が行っている引越しプランの中には、トラックを利用した引越しではなく、単身パックとして宅配と同じように荷物を運ぶといったサービスもあり、これを利用するとさらに引っ越し料金を安くすることが可能です。荷物の量や距離にもよりますが、様々なプランで料金を比較してみると違いがよくわかると思います。時間に余裕があるのなら単身パックを利用すると安く引越しをすることができます。

 

家族の引越しにはいくら必要?

家族の引越しになると家族の人数にもよりますが、荷物の量も多くなるので引越し費用も高くなってしまいます。

引越しに必要な費用は荷物の量による基本的な運賃にプラスして、段ボールやトラック代、スタッフの人件費といった実費、そして例えば荷造りや荷解きサービスといった付加サービスをどれくらい利用するのかによって変わってきます。

距離によっても料金は変わってきますが、4人家族の平均としては13万円前後になっています。その他にもエアコンの取り外しや取り付け、ピアノなどの大きくて特殊な家具がある場合には必要な費用はそれだけアップしてしまうので注意が必要です。荷造りなど自分でできることをできるだけやっておくと料金も節約することができます。

 

引越し料金はどうやって決まるの?トラック代?人件費?

引越しの料金は条件によっていろいろと変わってきます。その中でも基本になるのが距離と時間です。

引越し業者によって条件は違ってくるのですが、やはり距離が遠くなればなるほど引越しの料金は高くなりますし、引越しをする曜日や時間帯によって料金に差をつけているところもあります。

特に引越しシーズンや週末などは料金も高くなる傾向にあります。次に重要なのが荷物の量です。荷物の量によっては大きなトラックを用意しなければならなくなりますし、スタッフの人数も増えてしまいます。そうなるとトラック代や人件費などもかかってきてしまいますので引越し費用も高額になってしまう可能性があります。

その他にも引越し先が遠ければそれだけ高速代やガソリン代などの交通費が必要になりますし、荷造りや荷解きなども任せてしまうプランを利用すればそれだけ必要になる費用は増えていきます。引越し業者のプランによって料金は変わってくるので比較してみるとよいでしょう。

 

引越しの準備。何から始める?

荷物の整理や梱包はいつから始める?必要な梱包資材は?

引越しの準備の基本は、荷造りです。荷造りを始めるためには、まずその準備が肝心です。不用品があったままでは作業は捗りません。要らない古本、古着、中古PCや中古家電はリサイクルショップに売却しましょう。家族の荷物が混じらないように、個別にダンボールを用意して荷物を整理整頓し、梱包しましょう。引越し業者のスタッフが効率良く荷物を運べるように、中身や家族の名前などを箱に明記するのもオススメです。

また必要な梱包資材ですが、頑丈なダンボールと緩衝材、俗にプチプチと呼ばれる物などがあると役立ちます。荷造りをしたダンボール箱の上蓋を閉じるガムテープも必須です。いずれも街のホームセンターやスーパーマーケットで揃いますので、引越しを申し込み次第、準備しましょう。

 

引越し業者はいつ決める?タイミングと見つける方法

引越し業者はいつ決めるべきか、出来れば早めがオススメです。良い引越し業者は一年中、予約が殺到しています。またお得なキャンペーンを開催している事も多いです。相談だけなら無料ですし、見積もりなら電話やメールで出来ます。

また世間一般で引越しが少ない季節を狙うのもオススメです。あくまでスケジュールが調整出来るなら、という条件は付きますが、10月や11月、6月といった言わば中途半端な時期は、世間一般での引越しのニーズが少ないため、そのタイミングを狙えばお得な料金で引越しが申し込めます。

お得なキャンペーンの情報や引越し業者の一覧などは、インターネットで調べましょう。スマートフォンやパソコンを使えば、簡単に見つかりますので是非チェックしてみましょう。

 

退去までに必要な手続きは?

退去するまでに必要な手続きを色々と済ませておきましょう。ご近所の人々にはお別れの挨拶をしましょう。飛ぶ鳥跡を濁さず、です。もう会う事が無いからと言って人付き合いを適当にしてはいけません。タオルやコーヒーセット等を携えてご近所に引越しの旨を伝えましょう。

また公共料金などの手続きも大事です。電気やガス、郵便や水道やNHK受信料など、車の駐車場など、こういった月額決まったサービスを利用する代わりに、公共の物を使わせてもらっているものも解約したり、一時的にサービス利用の停止を求めましょう。

自宅にインターネット回線を設けている方、固定電話を設けている方も同様です。そして忘れやすいのがケーブルテレビの契約解除です。ただ住所が変わっても、引き続き利用出来るネットやケーブルテレビのサービスもありますので、解約をするか、それとも住所変更だけで対応してもらえるのか、まずは利用しているサービスの問い合わせ窓口に相談してみましょう。