引越し時期はいつがいい?安くなるタイミングとは?

繁忙期と通常期について

それぞれの会社には忙しい時期とそうでない時期が存在し、それは引っ越し業者についても同様です。

引っ越し業者における繁殖期は、とにかく引っ越しの依頼がひっきりなしに入っているため、その時期に新たな予約を入れることは困難となります。反対に通常期はスケジュールが安定して余裕があるため、費用の見積もりの交渉や日程の調整が行いやすくなります。

特に始めて引っ越しを依頼する人などは、この繁殖期と通常期を理解しないまま計画を立ててしまい、結果的にスムーズに引っ越しが出来なかったり、費用が割高になったりします。そのため、前もって余裕のあるスケジュールを組んだり、費用を出来るだけ抑えるためにも、引っ越し業者における繁殖期と通常期の概念は必ず確認しておきましょう。

 

繁忙期と通常期の料金差は?

引っ越し業者における繁殖期は、卒業や新年度のシーズンである3月~5月、転勤が増える9月~10月あたりとなります。

この時期は料金を高くしても需要があるため、どこの引っ越し業者も料金を割高に設定します。反対に通常期においては、利用客の取り合いになるため料金が下がりやすく、また日程の調整にも柔軟に対応してくれるようになることが多いです。

一人暮らしを例に料金の差を考えてみましょう。一般的な引っ越しにかかる料金は繁殖期で5万円程度、通常期で3万円程度となります。

このように、単純に考えても2万円の差があり、これに様々なオプションを付加したり、引っ越しを行う人数や運ぶ家具が多かったりする場合、さらに差が出るでしょう。この点においても、繁殖期と通常期をしっかり意識して引っ越しのスケジュールを立てることが重要だと分かります。

 

土日よりも平日が安くなる?平日だと格安料金になるかも!?

繁殖期と通常期のどちらにおいても、やはり土日や祝日は需要が多くなるため、その分料金も高くなる傾向にあります。そのため、多くの引っ越し業者は土日や祝日の料金を高く設定することが多く、しかも忙しいため、日程の調整もタイトな場合が多いです。

一方で平日は通常料金か、それよりも安く設定している引っ越し業者が多いです。大手の引っ越し業者などは、平日の中でも特に安くなる特別の日を設けているところもあり、それはそれぞれの引っ越し業者のカレンダーで確認することが可能です。

土日や祝日はただでさえ利用客が殺到する上、料金も割高になるため、あえて平日を休みにし、そこを狙って引っ越しを行う人も多いです。その場合は、前もって余裕のあるスケジュールを組んでおき、当日スムーズに引っ越しを行えるようにしておくことが大切です。

さらに引っ越しの費用を安く抑えるためには、それぞれの引っ越し業者のカレンダーなどを確認することで、特別料金などが設定されている日を選ぶと良いでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です